創業のきっかけ

1つ目のきっかけ

高校生の頃、初めてインターネットに出会った時に、時間や距離の概念を超えた世界を
目の当たりにしたことで、雷が落ちたような大きな衝撃を受けました。
その瞬間に将来はインターネットで何かをしたいと決意しました。

3年後の2000年に、ロサンゼルスへ語学留学することになり当時、日本の数年先を
進んでいると言われたアメリカは、ドットコムバブルの真っ只中で日本にはない
刺激的なサービスがたくさん存在し、感激したことを覚えています。

ますますインターネットに関連する仕事をしたいと思うようになりました。

2つ目のきっかけ

日本を離れてみて初めて気づいたことですが、日本は歴史のある文化、勤勉な国民性、
健康的な食生活、平和な生活、整った医療制度など、本当に素晴らしい国だと
認識しました。

また、他国の留学生は「自分の国のためだったら命を捧げても構わない」という
学生も多く自分自身も生まれ育った国である日本を、もっと良くしたいという想いが
芽生えました。

素晴らしい日本をもっと世界に誇れる国にしたいと思うようになりました。

創業の精神

インターネットで何かしたい×日本を世界に誇れる国へ=
インターネットで日本を良くしたい
という二つの想いで2000年7月15日にEC studioを創業いたしました

この考え方がEC studioの根本精神であり、全ての判断基準になっています。

その当時の日本のインターネットサービスは、初心者に法外な料金を取っている
サービスが多く存在していました。無限の可能性を秘めているインターネットが
日本で誤解されてしまうのではないかと、強い危機感を覚えました。

そして、EC studio創業時には業界平均5万円だったサービスを、3千円で提供を
開始しました。(今ではそのサービスは無料で提供しています。)


一人の学生による運営にも関わらず、圧倒的な価格差からすぐに人気サービスとなり
模倣する会社が続出しました。


今後も個人事業主の方でも負担なく利用できる、ハイクオリティ・低価格なサービスを
提供し、他社がEC studioの販売価格を追随せざるを得ない環境を作り出し
日本企業のIT部門を担って行きたいと考えています。